つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

ポリエステルという素材について

スポンサードリンク



シワになりにくい
色あせが少ない
丈夫…
通気性などなかなかのメリットがそろっているポリエステル。ポリエステル100%なんてのもよく見かける。
この正体とはなんぞや。


化学的に表現するならばポリエステルとはエステル結合した物質のポリマーとでも言えるであろう。

一般的にはポリエステルとはポリエチレンテレフタラート(PET)の事を指すらしい。ちなみにペットボトルのPETとはここに由来している。具体的にはどのような構造をしているのかというと、エチレングリコールとテレフタル酸が脱水縮合することによって構成されている。

テレフタル酸の構造式はcooh-ベンゼン-coohというものであり、このポリマーは直線上になりやすい。よってベンゼンや分子鎖の配向が起こりやすく、結晶部分を作りやすい。このような性質を利用してペットボトルの他にもフィルムやフリースなどの繊維にも用いられているようである。フリースなどの生産量はペットボトルのように劇的に急増してきた。メリットとしては乾きやすい、保湿性が高い、安いなどなど多くあるが、一方で静電気が起こりやすい、火花で簡単に穴が空くなどのデメリットも有している。

また更新します。