つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

台所や風呂場の排水溝のぬめりを取る方法

台所や風呂場の排水溝は放っておくと何故ぬめってしまうのか。このぬめりの原因は主に微生物やバクテリアあるいはそれらの代謝産物である。台所なら食べ物の残骸、風呂場なら髪の毛や垢などによって微生物が増殖すると考えられる。

これらの微生物の発生を抑えるには台所を使わないのが一番である。
そうすれば食事のかすもなくなり、最近達は兵糧攻めにあって死滅する。
だから空き家の排水溝はぬめってないはずである。

だが実際問題毎日生活するわけであるから使わないわけにはいかない。

様々な薬剤が市販されているがもっとも効果的な予防策としては


排水溝に10円玉やアルミホイルをトラップしておくのである。
そうすると10円玉の銅イオンあるいはアルミホイルのアルミニウムイオンが放出され、これは細菌にとっては致死的となる。

勿論、これで綺麗ぴかぴかになるわけではない。継続的に掃除をする必要はあるが、それでも何もしないよりかはずいぶん楽になるはずである。