つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

ダイバーの憧れ:ジンベエザメ

先ほど兄が沖縄旅行から帰ってきた。
色々と土産話を聞いていたがその中で面白かったのがジンベエザメ(ジンベイザメ)の話である。サメとつくからおっかないものかとおもいっていたらプランクトンや小魚だけを食べるサメらしい。なんて優しい!(人に

興味がわいたので少し調べて見た。


軟骨魚類としては世界最大の大きさを誇り、今まで捕獲された中で大きい者は13.7メートルもあったようだ!凄い!

生態について:
海水と一緒にプランクトンのほか、小魚、海藻などを口腔内に吸い込み、鰓耙で濾し取り、鰓裂から水だけを排出し、残った生物を呑み込むという給餌方法のようである。まるで鯨じゃないか・・・。と思ったら英語ではwhale sharkと呼ばれるらしい(笑)日本語に訳すと鯨鮫かな。。
体の幅は1.5mで歯は300本!それでいて非常に緩慢で時速5キロメートルで泳ぎ臆病。かわいすぎる・・・。

また、ジンベエザメは巨体であるために他の暴れん坊もさすがに近づきがたく、弱小な魚たちはジンベイザメと一緒に泳いでいるようだ。つまりジンベエザメが一匹いるだけで海に一つの生態系が出来ているようなものであり、漁師の間ではジンベエザメは吉報とされ、他の大量の魚の存在を示すものとされてきたという。

ジンベエザメに会いたい!と思ったのでジンベエザメのいる水族館を一応載せておきます。

海洋博公園 沖縄美ら海水族館(沖縄県)   ※体長8mのジンベエザメ、他2頭
のとじま水族館(石川県)         ※体長5m弱のジンベエザメ1頭
いおワールド かごしま水族館(鹿児島県)  ちょっと不明??
海遊館(大阪府)              ※体長5m弱のジンベエザメ2頭

やはり大きいジンベエザメのいる沖縄に行きたいな〜。
ちょっとテンションが上がって普段と文体が違うのはご了承下さい。

またなにかありましたら更新しようと思います。