つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

死んだ後に爪や髪が伸びるのは本当か?

この間、「死んでもある程度は髪が伸びる」という話を聞いた。
これ一体本当なのだろうか。

人間が死ぬという事は心肺が停止して全身に血液(酸素)が送られなくなるという事である。
よって全体細胞、つまり爪や髪の毛を作り出している細胞はエネルギーがなくなるので髪の毛を作るどころか自分の細胞の生存を維持する事も出来ずに死んでしまうのである。

例えば髪の毛の場合、髪の根っこには毛母細胞と毛乳頭と呼ばれる部分がある。毛乳頭がもう母細胞に栄養などを与え、毛母細胞が髪の毛(タンパク質)を生産しているのである。細胞が死んだらエネルギー供給系も当然ストップするので、タンパク質合成は出来ない。よって死んだ人間の毛や爪が伸び続けるというのはトンデモ話だと思う。

ただ実際に、伸びたように見えるということはあり得るかもしれない。その場合は実際に髪の毛や毛のタンパクが産生されて伸びたのではなくて、皮膚が収縮する事によって、相対的に伸びたように見えたという事ではないだろうか。