読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

たこつぼ型心筋症と心筋梗塞の違い

たこつぼ型心筋症と心筋梗塞の違い たこつぼ型心筋症とは胸痛とST上昇など心筋梗塞に似た心電図変化を認めながら冠動脈の有意狭窄を認めない状態を言う。原因は明らかになっていないが、精神的あるいは身体的ストレスを受けた高齢女性に発症しやすいことが知…

QT延長の定義とその原因

◯QT時間とは QT時間とは心電図においてQRS波の始まりからT波の終わりまでの時間のこと。心筋の収縮時間を反映している。QTの距離が正常よりも長くなることをQT延長という。 画像引用:http://next-pharmacist.net/archives/5744 上のイラストのような心電図…

心筋梗塞を疑うST低下のパターン

ST低下には主に3つのパターンがある。 ・下降傾斜型(downsloping type) ・水平型(horizontal type) ・上行傾斜型(upsloping type) 心筋虚血に伴うST低下は下降傾斜型、水平型が多いと言われている。特に診断特異度が高いのは下降傾斜型。上行傾斜型は健…

補充収縮と補充調律の違い

心臓は洞房結節から規則正しく刺激が発生し、リズム的に心室を収縮させている。 が、洞房結節が何らかの原因で興奮できなくなると心臓もそう簡単に止まるわけにはいかないので代わりに房室接合部や心室が独自にリズムを作り出す。 房室接合部あるいは心室か…

心筋梗塞における心電図の推移

(まとめ) 急性心筋梗塞では発症後時間経過とともに特徴的な心電図変化を呈する。 【超急性期(発症直後〜数時間)】 ・hyper acute T波(ST上昇より早く見られるので見逃さないこと) ・典型的なST上昇(この時対側の誘導でST低下が見られる) 【急性期(…

QRS低電位差の定義と原因

QRSの振幅(基線から上下の差)が異常に小さくなっていることを低電位差という (下の心電図イラストで言えばa+bの値が小さくなっているときのこと)。 判定基準としては次の通り ・肢誘導の全てで5mm(0.5mV)未満の時を肢誘導の低電位差 ・胸部誘導の全てで…

左室高電位の定義と意義

心室高電位の原因と定義 QRSの振幅が大きくなっていることを心室高電位という。 ・左室高電位は左室側の誘導であるⅠ、aVL,V5,V6誘導でのR波の増高 ・右室高電位は右室側の誘導であるV1,V2誘導でS波が深くなる*1 次のいずれかの基準を満たす時に左室高電位と…

マクロリエントリーとマイクロリエントリーの違い

リエントリーとは日本語で言うと「回帰」「再び入る」という意味。 通常であれば洞結節で始まった興奮は洞房結節を介して心室に伝わり一方通行のはずである。が、心房粗動や心房細動ではリエントリー、つまり心房で一度始まった興奮が心室に行かずに心房内で…

f波とF波の違い

心電図でf波とF波の違い ・f波とは心房細動の時に出現する波形 心房細動は心房に多数のマイクロリエントリーが出現することによって発生する不整脈。規則正しい興奮を生み出す洞房結節の働きが失われ、代わりに心房の至る所から無秩序な心房興奮(f波)が発…

肺塞栓症を心電図で診断できるのか

S1Q3T3についてこの間紹介したが、肺塞栓では他にも特徴的な心電図波形を取る。 7つの波形パターンを元に診断基準として報告している論文があるので紹介。 (1) incomplete or complete right bundle branch block (n = 33); which was associated with ST-s…

S1Q3T3とは何か

S1Q3T3とは急性肺塞栓で取りうる心電図の波形パターンのこと。 【S1Q3T3の一例】 S1Q3T3 EKG Classic Pattern in Pulmonary Embolism (Example). 【S1Q3T3】 Ⅰ誘導の深いS波 Ⅲ誘導の明瞭なQ波 Ⅲ誘導の陰性T波 S1Q3T3は急性肺塞栓を示唆する心電図変化である…

WPW症候群でデルタ波が出現する理由

WPW症候群でデルタ波が出現する理由 画像参照:http://nurse365.net/?p=799 WPW症候群とは心房と心室とを直接結ぶ副伝導路(kent束)が存在し、心室が早期に興奮してしまう症候群である。本来であれば心房の興奮は刺激伝導系を介して(つまり房室結節を経て…

心房粗動と心房頻拍の違い

心房粗動も心房頻拍も心房内の規則的な興奮による頻拍。 【心房粗動とは】 心房粗動は右房内に形成されたマイクロリエントリーが原因で生じる。右房中隔、右房自由壁、下大静脈ー三尖弁輪間右房頰部を含む経路であり、この回路を電気興奮がぐるぐると回って…

”変行伝導を伴う上室期外収縮”とは何か

”変行伝導を伴う上室期外収縮”とは何か 期外収縮についてイマイチな場合は↓エントリーも参照下さい。 tsunepi.hatenablog.com 上室期外収縮は本来QRSはnarrowであるはずだが、”変行伝導を伴う上室期外収縮” ではQRSはwideになる。故に上室期外収縮でありなが…

ST上昇はどこを見て判定すればよいのか

心電図におけるST上昇とはどこを見て判定すればよいのか STが上昇しているかいないのか、虚血性心疾患を鑑別するために非常に重要なことである。STとはQRSの終了部分のJ点からT波の開始部分までのことをいう。J点とはQRSが終わって最初にある変曲点のことで…

上室期外収縮と心室期外収縮の違い

上室期外収縮と心室期外収縮の違い イラスト参照”https://nurseful.jp/career/nursefulshikkanbetsu/cardiology/section_1_03_01/ 期外収縮とは文字通り、期待から外れた収縮のこと。心臓の興奮は本来心房の洞房結節から始まるが、期外収縮ではそれ以外の場…

急性冠症候群(ACS)疑いへの対応@救急外来

心筋梗塞、狭心症疑いへの対応@救急外来 胸痛患者においていつACSを疑うか。以下のポイントに分けて考える ◯痛みのOPQRST ◯リスク因子 ◯血液検査 ◯心電図 ◯問診(痛みのOPQRST) 発症様式:突然発症(sudden onset)か急性発症(acute onset)か →発症の時…

移行帯の変化とその原因

心電図における移行帯とは 健常人の胸部誘導においてR波はV1からV5にかけて徐々に大きくなり、V6で少し小さくなる。S波はV2誘導で最も大きくなり、V3からV6にかけて少しずつ小さくなる。上に出ているR波と下に出ているS波の高さが等しくなっているところを…

左脚前枝ブロックが後枝ブロックより起こりやすい理由

左脚前枝ブロックが後枝ブロックより起こりやすいのは何故か 以下2つの理由があげられる。 1,前枝は後枝よりも細く長いため動脈硬化性病変の影響を受けやすい。 2,左脚前枝は左冠動脈前下行枝のみから栄養を受けているが、後枝は左冠動脈回旋枝と右冠動…

ヘミブロックの心電図とその意義

心臓の刺激伝導系において、洞結節から出た刺激は房室結節→ヒス束→右脚or左脚と流れ、最終的に右室もしくは左室へと伝わる。左脚は左脚主幹の後に前乳頭筋に向かう左脚前枝と後乳頭筋に向かう左脚後枝に分かれる。 【刺激伝導系のイメージ】 画像引用:http:…

心電図におけるサイナス(洞調律)の定義

心電図におけるサイナスの定義 【洞調律の一例】 画像参照:http://www.ecg-cafe.com/cat1/1-01 サイナス(sinus)は日本語で洞調律という。心電図で以下の条件をみたす場合に洞調律(サイナスリズム)とみなされる。 ・P波の次にQRS波が来る ・PQ時間が一定…

心電図電極つける色の覚え方

心電図電極つける色の覚え方 救急外来に患者が搬送されていた時にささっと電極を付けないと看護師さんにボコられるので迅速に動きましょう。 ■胸部誘導のつける順番のゴロ その1;せきぐちくん その2:あきみちゃくむ 赤、黄、グリーン、茶、黒、紫 イラス…

心電図T波増高の定義と原因

心電図T波増高の定義と原因 ◯T波とは T波とは心室の再分極を意味する心電図波形であるが、高カリウム血症などではこのT波の増高が見られる(=テント状T波)。T波は正常であれば1.2mV以下、もしくはQRSの高さの半分以下。 T波増高の定義は四肢誘導では0.5mV…

心電図:大文字表記と小文字表記の違い

心電図QRSとqrsの違いとダッシュ記号の意味 心電図はP波から始まりQRS波、ST部分、T波、U波と続く。 QRSとは心室の収縮時間を意味している。 QRSは通常大文字で書かれるイメージがあるが、qrsのように小文字表記の場合もあればRSR'のようなダッシュ記号の場…

巨大陰性T波の原因とその覚え方

陰性T波とはT波が基線より下向きになる心電図である。陰性T波自体は異常なものではない。aVRでは陰性T波が正常、V1,V2誘導では若年者や女性では健常人でも陰性T波になることがある。 が、左右対称の10mm以上の深い陰性T波は異常である(=巨大陰性T波) 巨大…

異常Q波の定義と機序(梗塞部位との関係)

異常Q波の定義と機序 異常Q波とは貫壁性の心筋梗塞に特徴的な心電図異常であり、次のように定義されている。 Q波の幅≧0.04秒(1mm)Q波の深さ≧R波の高さ×1/4 【異常Q波の例】 画像引用:http://ishikokkashiken.com/abnomal-q-wave/ ◯心筋梗塞の心電図診断…

右室肥大と左室肥大の心電図

◯右室肥大の心電図の見方 胸部誘導のV1に注目。 心室の興奮を見たいのでRS波をみる(V1誘導にはQ波がないのでQRSとは言わない)。心室の興奮は心室中核、右室、左室の順番で起こる。 V1誘導において 心室中隔と右室の興奮は電極に対して向かってきているので…

右脚ブロックと左脚ブロックの違い

【脚ブロックの起こるメカニズム】 虚血や変性によって右脚・左脚の心筋が障害される。 ↓ 正常な興奮の伝導が阻害される。 ↓ 心室ではプルキンエ繊維による速い伝導から固有心筋細胞を遅く伝導する電気的興奮に依存するようになる。 ↓ 興奮の時間が延長する…

心房細動と心房粗動の違い

心房細動(AF)とは 心房の各部分の高頻度で無秩序な電気的興奮(多数のリエントリー回路)によって起こる。心房細動では左房内に血栓を生じやすく、それが流出して脳梗塞を合併することがあるので要注意。 心電図上の特徴 1:基線の細かな動揺(f波)(心房…